【さくら特集】番外編 さくらんぼの「チェリー最中」 〜東京・新宿

c2.jpg 今年は、東京で323日に開花宣言があってから、411日現在、まだ散らずに咲いている桜がたくさん見られます。なんと、20日間!

 桜は咲いてぱっと散るのが日本人の心情にあっていると言われますが、今年に限っていえば、ずいぶん違います。

 いつまでも、寒かったりするので、やはり気候のせいなんでしょうね。桜もとまどっているのかもしれません。

  前回は、桜が散ってから「さくら最中」の掲載は、いくらなんでも“まぬけ”だと思い、あせって掲載しましたが、もっとゆっくりでもよかったかも。

 でも、ちょうど、よかった。実は、ひとつ紹介し忘れている「さくら最中」があるのです。

c1.jpg

 それは花園饅頭の「チェリー最中」。実はこれも昨年に買ったものです。ご覧のように、ピンク色の皮のひと口最中です。4個入りのパッケージで販売。中には餡とさくらんぼのようなゼリー状のものが入っています。ちょっと珍しい最中です。

 

 花園饅頭のサイトを見たのですが、どこにも掲載されていませんでした。店頭でも、見かけません。これも、やはりその年だけの季節商品だったのでしょうか。

  c3.jpg最近は、それに代わってか、「ぬれ甘なつと壹(桜最中皮)」という最中が店頭にあります。やはり季節限定で、販売は21日〜4月中旬とあります。


 

 皮は「チェリー最中」とほぼ同じ色で、同じ大きさ。中身は餡ではなく、花園饅頭の定番・ぬれ甘納豆が入っています。これはこれで、面白いですね。試行錯誤の結果、ここにたどり着いたのでしょう。
 

 もしかして、さくらんぼの季節には「チェリー最中」も復活するかも。さくらんぼの季節に見かけたら、こちらもお試しください。

【さくら最中特集】その1その2その3その4

 

By あずき

 

花園饅頭



▲トップページに戻る

posted by monako at 21:24 |Comment(0)TrackBack(0)東京もなか散策このブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。