【さくら特集】4 お餅も入った「佐久良さくら最中」 〜滋賀県大津〜

 叶匠壽庵がまた季節限定の最中を出しました。その名も「佐久良さくら最中」。さくらを重ねた名前がやさしい雰囲気。包み紙も可愛い感じです。

sakura8.jpg

 叶匠壽庵といえば、「もなコレ」では、今までも秋の「紅葉もなか」とか「百福百寿」とか、限定ものを紹介してきました。限定ものが得意な和菓子屋さんのようです。「もなコレ」のネタが尽きないので助かります。

 

 さて、その「佐久良さくら最中」。皮には桜の花びらが型どりされています。でも、この形、どこかで見たことがある。そう思って、「紅葉もなか」を紹介したページで確認してみると、形がまったく同じでした。桜の花びらも、どこか紅葉風。

 

 同じ型をうまく使いまわしているようですね。中身も餡の中にお餅を配したところが同じです。季節に相応しい最中を出したいという職人さんの工夫と努力が感じられます。

sakura9.JPG

 餡はもちろん同じ味ではありません。塩漬けの桜葉が入った薄さくら色のお餅が入っていて、ほんのり桜餅味でした。私はこの味、好きです。

 

 この最中も残念ながら、Webサイトには掲載されていません。桜が散ったら、桜最中も静かに店頭から消えて行くのでしょうね。また、来年!

【さくら最中特集】その1その2その3番外編

 

By あずき

 

叶匠壽庵



▲トップページに戻る

posted by monako at 23:18 |Comment(0)TrackBack(0)おすすめもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。