なぜか、土曜日限定販売の「百福百寿」 〜滋賀県大津市〜

kano2.jpg 今では百貨店などでお馴染の叶匠壽庵。滋賀県大津市の和菓子屋さんです。いかにも老舗という感じですが、創業は昭和33年と和菓子屋にしてはそれほど古いわけではありません。日本には400年近い歴史を持ったお菓子屋さんもあるくらいですから。

 

 とはいえ、50数年で全国各地の百貨店にショップを展開するまでになったのは、それなりの理由があるのでしょうね。

   叶匠壽庵の最中といえば、定番は「匠壽庵最中」。葵の御紋のようなデザインの皮に、みっちりアンコが詰まっています。さらに、以前紹介した季節限定の「紅葉最中」というのもありました。

そして、つい最近見つけたのが「百福百寿」。ショップは新宿の高島屋です。百貨店の和菓子屋はほとんどチェック済みなので、季節ものが出そうな時しか立ち寄りません。立ち寄るのは全国から取り寄せた和菓子が並ぶコーナー。そのコーナーに行こうとして、叶匠壽庵のショップの角に「土曜日限定販売」という表示を見つけたのです。
kano3.jpg

 表示の横にあるのは、どうやら最中。しかもデカイ。4つに区切られた皮には、「百」「福」「百」「寿」という文字が。簡単に手で4つに分けることができます。ひとつの区切りが、普通の最中の1個分。中身は「匠壽庵最中」と同じアンコですが、区切りそれぞれにお餅が入っています。

でも、なんで、土曜日限定なんでしょうね。それを聞き忘れました。

 

kano4.jpg 定番の店と安心していると、ときどき、このように違った意匠の商品がぽっと出ていたりするので油断はできません。こうした努力と工夫で全国百貨店出店の地位を築いたのでしょうね。

 

 この最中、おじいちゃんやおばあちゃんの長寿のお祝いにいいかも。故郷に帰る時に買っていって、一緒に分けて食べれば、きっと喜んでくれるでしょう。

 

 それにしても、叶匠壽庵のWebサイトには「匠壽庵最中」も「百福百寿」も掲載されていません。日持ちの関係で通販はしないのでしょうか。意外と、そういう店が多いのですね。

 たとえそうであっても、ネットには情報の提供という目的もあるはず。自社の製品ラインナップはもれなく掲載しておくべきではないかと思います。ネットの更新が追いつかないのでしょうか。

 

 叶匠壽庵には、通販ページのほかに、もうひとつ別のWebサイトがあります。「寿長生の郷」という和菓子教室や庭園、茶室、ホールなどを備えた6万3千坪もの施設の紹介ページです。これはもちろん素晴らしいのですが、お客さんがもっとも知りたいのは、やはり商品ではないのかなあという気がするのです。いい商品だけにネットで確認できないのは残念です。

 

By あずき

 

叶匠壽庵



▲トップページに戻る

posted by monako at 01:33 |Comment(0)TrackBack(0)おすすめもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。