ゴマ油の香ばしさと塩味が特徴の「揚最中」 〜東京都・北区

 ちょっと変わった最中を見つけました。おせんべいのようなもので餡を挟んであります。種で餡を包んでなくて、挟むだけでも最中といえるのかな?と、考えてしまいました。

age3.jpg

でも、モナコが紹介していた「切腹最中」も、あんこがはみ出してましたね。これもはみ出したようなものかな。作ってる和菓子屋さんが「最中」と言ってるんだから。

 

最中の定義って難しい...。種となる皮に餡をいれたものという単純なものではありません。あんだけでなく、栗やお餅も入ってるし、チョコレートを入れた「どんぐりころころ」なんていうのもありました。定義を言いだしたらきりがないので、「揚最中」の話に戻ります。

 
age2.jpg


 「揚最中」の種はゴマ油で揚げてあります。これが名前の由来。手に取ると、しっとりした油が手に絡みます。なので、味がくどいのではないか、油が胃にもたれるのではないかと思いつつ、口に。でも、全然そんなことはありませんでした。

 

 揚げ饅頭ってありますよね。あんな感じですが、揚げ饅頭と違って、あんこは揚げてないので、さっぱりしてます。しかも、皮の部分はほんのり塩味。塩味とあんの甘さがまじりあって、なかなか美味。皮だけ揚げ煎餅として食べてもいいかも。

 

 ただ、油は劣化しやすいので、早めに食べたほうがよさそうです。皮が湿ったら、オーブントースターかフライパンであぶって食べるようにと書いた紙が入ってました。

 
age1.jpg


 私が買ったのは
6個入り。包装も最中というより、お団子か和菓子のような感じ。包装紙、なんの模様かと思ったら、鳥獣戯画風にかえるが集まって踊っているような絵が描かれています。どういう意味なんだろう。この最中、なにかとユニークです。お店は山手線駒込駅近くのようです。

 

By あずき

 

中里



▲トップページに戻る

posted by monako at 01:28 |Comment(0)TrackBack(0)東京もなか散策このブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。