箱根八里の馬子歌が聞こえる「八里」 神奈川県・箱根

ちもとの「八里」.jpg

首都圏の人気NO,1観光地、箱根。年に何度も訪れるリピーターが多いのは、箱根が四季それぞれに魅力があり、制覇しきれないほど宿やおいしい飲食店がいっぱいあるからでしょうね。

ということで、「とざん電車もなか」に続いて、箱根の最中をもうひとつご紹介しましょう。以前、あずきさんが紹介した「鈴之最中」とよく似たかわいい鈴の最中です。
違いは、そう、ちゃんと紐が通っていること。3つの最中をそれぞれ赤、白、紺の3色の紐で結び3個がセットになっています。皮種割らないように紐を通すだけでも技ですね。
紐を持って、ちょっと振ることも可能。もちろん、チリチリンとは鳴らないのですけど・・・。

この最中、その名を「八里」といい箱根湯本にある和菓子の老舗「ちもと」のもの。1968年の第17回全国菓子大博覧会で名誉金賞を受賞した由緒ある最中です。
「八里」という名の通り、箱根の山を越える馬子の鈴をイメージしているのでしょう。
最中は1つ3セントほどで、一口でパクッと食べられる大きさ。しっとりとした粒あんはかなりなめらか。風味がよく、上品な甘さです。

「ちもと」はほかに「湯もち」というお菓子も人気で、いつも観光客で賑わっています。
やや年配の方が多いかな。いつ来ても変わらぬ箱根の甘さを求めていかれるのでしょうね。

「湯もち」は箱根湯本駅の売店や都内デパートで買えるのですが、「八里」は本店のみの販売のようです。あとは通販もやっているので、下記サイトからどうぞ。


by monako


263円 3個セット


■箱根湯本ちもと    神奈川    箱根        
 http://yumochi.com/





▲トップページに戻る

posted by monako at 19:30 |Comment(0)TrackBack(0)もなこのもなか旅草子このブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。