箱根の最中は梅とミカンでさわやか 〜神奈川県・箱根町

 秋の連休の1日、久しぶりに箱根に行ってきました。下の写真は、芦ノ湖のコスモス。

st_stor19.jpg 箱根の魅力は景色や観光だけではありません。乗り物も面白いのです。まずは、小田急ロマンスカーで箱根湯本まで。ここからは箱根登山鉄道に乗ります。途中
2か所のスイッチバックを経験して、終点は箱根強羅。さらに、ここからケーブルカーに乗り、早雲山まで。

 

 まだ終わりではありません。早雲山からはロープウェイです。このロープウェイ、2007年に新装置に。18人乗りで、全員着席が基本。以前のように、立って乗る人はいないような仕組みになっていました。安全のためなんでしょうね。

 

 ロープウェイからは、富士山や駿河湾、硫黄の噴き出す地獄谷などを見ることができます。芦ノ湖もいいけど、私は、このロープウェイからの景色が大好き。絶対、ロープウェイに乗るべきですね。車でスーと行ってしまっては魅力半減だと思います。ロープウェイの週点は湖尻。

 

 さらに、ここからは芦ノ湖の遊覧船。最近は派手な海賊船が就航しています。これに乗り、箱根町まで。このルートが、私にとっての正しい箱根往路。

 

 しかし、今回、覚悟はしていたものの、最初の箱根登山鉄道からすごい人出。途中、宮の下駅で下車して、豪華絢爛な建物の箱根富士屋ホテルでランチを取り(ここでも40分くらい待たされた)、時間をずらしたつもりが、まったく意味なし。常時、ロープウェイ乗り場は長蛇の列でした。

 
hakone1.jpg


 さて、お待たせしました。本題の最中です。箱根町の土産店を覗くと、ありました!その名も「箱最中」。「小田原曽我の梅餡」と「相州摘果みかん餡」の
2種類揃ってます。ふもとの小田原が梅の名所で、梅干しが名産品。静岡も近いとあって、みかんも採れるからなんですね。

  どちらも、種と餡が別になっていて、食べるときに餡を挟むタイプ。白餡にみかんや梅のペーストが混ぜてあります。みかんはかなり酸味が感じられました。梅は割にさわやか。観光地のお土産にしては、パッケージも味も工夫の跡が見られます。

hakone2.jpg


 でも、もう一工夫ほしいような気がします。みかん餡は、どうせなら、みかんのつぶつぶを入れたらどうでしょう。梅餡には、シソを混ぜたら、より梅の味わいがするかも。とはいえ、箱根らしいお土産として、なかなかいいのではないでしょうか。箱根のお土産屋さんにあります。

 

By あずき

 

●松栄CNO

 神奈川県小田原市飯泉177

 電話:0465-48-6333

 


▲トップページに戻る

posted by monako at 01:56 |Comment(0)TrackBack(0)おすすめもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。