名月とともに味わいたい栗最中「十三夜月」 東京・上野

最中ブログ用岡埜栄泉 浅草橋亀屋近江 008.jpg

もうすぐ中秋の名月ですね。そろそろ栗が出始める季節。最中と組み合わせる素材で最も多いのが栗ではないでしょうか。
栗入り最中は、ちょっと贅沢な味わいです。

東京・上野に本店を持つ岡埜栄泉本家の栗最中が「十三夜月」。満月までもうちょっと、という少し欠けた月は、栗の形とちょっと似ているのかもしれませんね。

この「十三夜月」はひとつぶ栗入りのこしあん最中。栗入り最中というと一般的にはちょっと大きめですが、こちら小さめにころっとした栗の形、小さい分厚みがあります。手のひらにのせるとかわいいんです、これが。
餡は上品なこし餡で、皮までがぎっしり入っています。関東の人はつぶ餡好きですが、栗の風味と甘さを生かすには、この控えめなこし餡がちょうどよいように思います。
ひとつぶ栗の満足感も高く、その形と味わいは、改まったお茶席にも使いたいセンスと技を感じさせてくれます。パッケージもかわいいですよね。

月見に団子ならぬ最中も、たまにはおつではないでしょうか。

1個200円


岡埜栄泉本家

最中をはじめ名物の和菓子は楽天で購入できます。
 http://www.rakuten.co.jp/okanoeisen/


by monako




▲トップページに戻る

posted by monako at 21:17 |Comment(0)TrackBack(0)おすすめもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。