最中界最大級!祇園の4色最中「とりどり最中」 京都

京都 甘泉堂 路地.jpg

 梶井基次郎の『檸檬』の中で生き生きと描かれているのが、京都の細い路地。京言葉で「ろーじ」と呼びます。肩幅程度しかない細い路地が、今も京都には多く、その路地の先には意外な名店があったりします。

 観光客がひしめき合う四条通りの祇園あたり。京都らしい京紅屋やお香屋、べっこうのかんざし屋が並ぶ四条通りの北側に、小さな「甘泉堂」の看板がかかっています。
 ええと、ここねと思って居並ぶ店を眺めても、お目当ての和菓子店は見あたらず。そして見えるのは、ラビリンスの入口のような細い路地。

 創業120年になる「甘泉堂」はこの路地の奥に店を構えています。構えるといっても路地の中、軒は低く、間口も大きくはありません。昔ながらの木戸をガラガラと開けると、薄暗いショーウィンドー。
 でもそこにならぶ和菓子の数々は、彩り豊かで繊細。わあっと笑顔がこぼれます。


京都 甘泉堂 とりどり最中.jpg

さて、表題の「とりどり最中」はウィンドーにはその名札があるだけ。
注文すると、静かに職人さんが奥へと向かい、ちょっと待たされます。
この最中、注文を受けてから餡を詰めるのです。皮種のパリッとした食感を失わないための配慮です。

こちらこちらで三色最中を紹介しましたが、この「とりどり最中」は4色。それも手のひらサイズの直径13センチもある巨大さです。
 餡は春夏秋冬をイメージした大納言粒餡(春)、緑色の柚子餡(夏)、小豆こし餡(秋)、白インゲンの斗六こし餡(冬)が、4つの仕切りに詰まっています。
 皮種には四季の絵柄が焼き印で描かれているため、どこにどの餡が入っていてるのかは、筆文字の説明書きを読みながら、わかるようになっています。
  神楽坂の華車は割ると餡がはみ出ていますが、それが乾いてしまうのが、いつももったいないと思っているのですが、こちらは皮でしっかり仕切がされているため、餡が乾く心配もなし。

 餡はいずれもしっとりとクリーミー。甘さがやさしく、口の中にじわじわと広がります。
皮種はやや硬めでパリッとした食感。戦時中、甘い物が統制されていた時代にも、この最中は京都を代表する銘菓として作り続けられてきました。それだけ京都に愛されてきた和菓子なのでしょう。



 この甘泉堂にはもうひとつ最中があります。
「五しき最中」は、大納言粒あん(白)、小豆こしあん(茶)、味噌あん(薄ずみ)、斗六つぶしあん(桃)、柚あん(緑)と、5色の皮種に5種類のあん。ひとつずつお好きな味を選んでみては。 
 

とりどり最中  1個   525円


■甘泉堂
京都市東山区祇園東富永町
TEL : 075-561-2133
時間 10:00〜22:00
日曜日休


by monako







▲トップページに戻る

posted by monako at 13:26 |Comment(0)TrackBack(0)はんなり京都のもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。