喜作最中  上野

上野 うさぎや.jpg


上野の松坂屋の斜め向かいに小さな店構えの「うさぎや」があります。
小さい店なのだけれど、客足が途絶えることはほとんどなく、賑わいを見せています。

この店の名物が「喜作最中」。
創業者喜作の名を取った、半月の形をした最中です。
封を開けた途端に広がる焦がし種の香りが抜群で、食欲をそそります。餡はやや少なめで薄く、厚めでしっかりとした皮種と一緒にかじると、クッキーのようなサクサクとした食感に。
軽めの味わいの最中は、渋いお茶と合う大人系の最中です。

「うさぎや」は大正初年の創業。
手作りの丁寧な仕事が評判で、浅草の和菓子とはまた違った、上質さを醸し出しています。
「上野のうさぎや」は甘いものに目がなかった明治生まれの祖母が愛した和菓子店でもあります。我が家は東京の東のはずれにあったせいか、休日のお出かけは上野でした。
帰りに「みはし」のあんみつを買うか、「うさぎや」の和菓子を買うか、いつも迷うところだったように記憶しています。

ここは「どら焼き」がすこぶる有名なのですが、私が最中に次いでもうひとつ好きなのは「うさきまんじゅう」。白いつややかな皮に赤い目がかわいらしいおまんじゅうです。こちらは要予約です。


喜作最中1個 90円

■うさぎや
〒110-0005 東京都台東区上野1丁目10番10号
TEL: 03-3831-6195  FAX:ナシ
定休日:水曜日
営業時間:午前9時〜午後6時
サイト うさぎや


by monako


▲トップページに戻る

posted by monako at 12:40 |Comment(0)TrackBack(0)東京もなか散策このブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。