龍最中 浅草

西むら 龍最中.jpg

浅草にはおいしい和菓子屋がいっぱいあって、今日はどこのもなかを買おうかといつも迷う。

なかでも最後まで外せないのが、「龍昇亭西むら」の「龍最中」。
ここの餡は甘くないのだ。
厳密にいえばもちろん甘さはあるのだけど、もしかして砂糖入れてない??と思うくらいすっきりしている。
豆の香りと皮の軽やかな歯ごたえを楽しみ、お茶をすすると、もう一個いけるかな?と手を伸ばしてしまうほど、爽やかな後口なのです。

いかにも江戸っ子好みといえる、切れ味のあるもなかとでもいいましょうか。


龍最中あんこ.jpg

創業は江戸中期と古く、安藤広重の、「雷門前図」にもお店が描かれているほど。今も雷門の目の前に店を構え、
浅草寺の御供物を扱ってきた浅草きっての老舗です。

店は品揃えも豊富で、目移りしてしょうがないのですが、中でも名物は「栗むしようかん」。甘くなくて、ねっちりとした歯ごたえがたまりません。
これがあまりに有名で、最中はちょっと片隅に追いやられている感もあるのですが、ぜひとも龍最中も食してみてください。きっと忘れられない味になるはずです。


龍最中 1個180円



■龍昇亭西むら
東京都台東区雷門2-18-11

電話:03(3841)0665 FAX:03(3841)2939
9:00〜20:00 不定休
地下鉄銀座線:浅草駅より徒歩1分
東武伊勢崎線:浅草駅より徒歩5分


by monako







▲トップページに戻る

posted by monako at 11:39 |Comment(0)TrackBack(0)東京もなか散策このブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。