みむろ 〜奈良〜

最中ブログ用08.12.24 みむろ、ごぞんじ、わすれ傘 003.jpg


最中ブログ用08.12.24 みむろ、ごぞんじ、わすれ傘 009.jpg

奈良を代表する老舗和菓子店といえば、「白玉堂栄寿」。JR奈良駅と近鉄なら駅を結ぶ奈良のメインストリート、三条通に渋い瓦葺きの店を構えています。
店に入ると、並ぶ商品は最中のみ。「みむろ」と名付けられた奈良きっての銘菓です。

「みむろ」とは古語で神社や貴人の屋敷の意味。
白玉堂の本店は、奈良県きっての古社である大神神社(おおみわじんじゃ)の参道にあります。この大神神社のご神体が「三諸みむろ山」。
「みむろ」はこの神社にちなんで名付けられました。

江戸時代の弘化年間に初代が発案し、以来160年以上、その製法を一子相伝7代に渡り、受け継いでいるといいます。

少しモチッとした食感の皮種に、豆の粒を感じさせないほどしっとりとした粒あん。ほどよく押さえた甘みが香りの余韻を誘います。

いまだにサイトもなく、三輪と奈良市三条通りにしか店を持たない老舗。和菓子店でありながら、最中しか作らない潔さと力強さがこの最中にはあるように思います。
お値段は1個小が90円。


●白玉堂栄寿 本店
奈良県櫻井市三輪大鳥居前660−1
電話 0744−43−3668

●白玉堂栄寿 奈良店
奈良県奈良市三条通2−480−4
電話 0742−22−3726


monako




▲トップページに戻る

posted by monako at 09:17 |Comment(0)TrackBack(0)もなこのもなか旅草子このブログの読者になる更新情報をチェックする

コメントを書く


※画像の中の文字を半角で入力してください。

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。