• ホーム
  •  下の 「2009年09月」の記事一覧

胡麻餡がおいしい きんちゃく最中 東京・幡ヶ谷


京都在住ではないのだけど、「京都通」って人いますよね。
私も関東人ですが、仕事柄、ほぼ毎月京都に行きます。そしていろいろと観光ネタを拾ったり、大好きな仏像めぐりをしているのですが、京都の人に「○○の最中がおいしいって聞いたんですが、ご存じですか」と聞くと、「知らんですなあ」と言われることがほとんど。京都人は代々愛用している和菓子店があって、それ以外はいくら有名でも買わないんですよね。京都人のほとんどは「京都通」ではないんです。

私も祖父母の代から東京の下町に暮らしてきましたが、家族ともども「銀座より西のことはまったくわからない」のです。東京のことはよくわからない「三代目江戸っ子」です・・・。

ふるや古賀音庵きんちゃく最中.jpg

前置きが長くなりましたが、その銀座より西、渋谷よりもちょっと西、幡ヶ谷にある和菓子屋さんを、この歳になって発見しました。
それが「ふるや古賀音庵」の「きんちゃく最中」。

きんちゃくの形がとてもかわいい最中です。
皮は極薄でやわらか。手に取ると、あっという間にヒビが入ってしまうほど。今回買ったのは粒あんと胡麻あんの2種。
ちょっと小ぶりで、どちらも餡がゆるめに炊いてあってクリーミーな食感です。
特に胡麻あんは甘さ控えめで、胡麻の香りと甘さがはっきり感じられて、うーん、と唸ってしまうおいしさです。

つぶ餡もよく練られていて、口当たりがよく、とろっととろけるような食感。あんこ好きにもたまらない味わいです。


こちらのお店、作曲家の古賀政男の愛した和菓子店だそう。最中以外にもおいしそうなお団子やどら焼きが人気です。

ふるや古賀音庵きんちゃく最中つぶ餡.jpg


私にとっては新発見のはずの東京西エリアの和菓子店ですが、購入したのは上野の松坂屋のB1であることを白状しておきましょう。


monako


■ふるや古賀音庵  
http://www.koganean.co.jp/furuyakoganean.html






▲トップページに戻る

posted by monako at 23:52 |Comment(0)TrackBack(0)東京もなか散策このブログの読者になる更新情報をチェックする

テレビチャンピオンの実力  一言最中 〜埼玉

埼玉 一言最中.jpg

思いがけないところに名店あり。
東武伊勢崎線の北越谷駅、そこからさらにバスに乗ること7.8分。周りは空き地と小さな畑と住宅地。なんの変哲もない埼玉県の郊外にその和菓子店はあります。
「テレビチャンピオン」というテレビ番組がありますが、その和菓子職人選手権で優勝したのが、その店「京千花(きょうせんか)」です。

店はけして大きくはないのですが、一歩中に入ると、色とりどりの和菓子が目に飛び込んできて、ふわっと気持ちが沸き立ちます。
茶席に使う上生菓子からお団子やまんじゅうのような餅菓子、ちっょとしたお使い物にできる箱入りの菓子まで、どれもデザインがかわいいのです。

テレビで有名になったという妙な気負いはなく、ここの主人は和菓子を作るのが大好きなんだなあと感じされてくれるのです。 

さて、ここの最中「一言最中(1コ120円)はちょっと小ぶり。
大きく口を開ければ一口でもいけるかな、という大きさです。
皮種にはキュートな梅模様。見た目は小さめでも餡はぎっしり。香ばしい皮は薄めで口に入れるとほろりと崩れます。
小豆餡の中でつやつや光る小豆は、別に煮ているのかなと思うほど粒がしっかり。おかげで豆の風味がとてもいいように思います。餡はやや甘めと感じるのですが、この粒小豆とのハーモニーがよく、食べ終わると、なんだか幸せになっちゃいます。


さて、テレビチャンピオンで優勝した作品は「ぜんじごま」という和菓子。ひと口で3つの味を楽しめるという、ちょっと風変わりなものです。何が3つなのかは買ってみてのお楽しみ。渋めのお茶とよく合います。

以前は新越谷駅前に支店があったようですが、すでに撤退して本店のみの営業。人気の生菓子は閉店前に売り切れてしまうそうです。東京からちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょう。
日持ちのする最中などは、宅配もしてくれるようです。

埼玉 京千花の菖蒲饅頭.jpg

お店に行ったのは初夏のこと。季節変わりでさまざまな表情のおまんじゅうに出会えます。
このおまんじゅうはこしあんで、菖蒲をイメージしたもの。これもまたしっとりした皮と合っていて、いくつでもいけそうでコワイです・・・。
包み紙も千代紙のようでかわいさ満点です。


monako


■京千花
電話 048-963-5665
住所  埼玉県越谷市花田3-4-10
営業時間  10:00〜19:00





▲トップページに戻る

posted by monako at 22:29 |Comment(0)TrackBack(0)おすすめもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

埼玉県で「ジモトのおやつイチオシ投票」

東上まちづくりフォーラムというNPOがあります。理事長の柴田さんから、「ジモトのおやつイチオシ投票」とお菓子のアイデアコンテストをやっていますというメールをいただきました。

県庁と組んだ企画で、埼玉県の地域ブランド商品の開発・販路開拓による地域づくり推進事業とか。

ページを開いてみると、いろいろな“おやつ”が写真付きで並んでいます。朝霞市、志木市、和光市、新座市、富士見市、ふじみ野市、三芳町の6市1町にあるお菓子屋さんが作っている商品で、140種類もあるそうです。

イチオシ投票では、抽選で商品券や賞品が当たります。また、レシピアイデアコンテストにも賞金が。

埼玉県にお住まいの皆様。地元の活性化に、お菓子で一役かってはいかがでしょうか。

by あずき

▲トップページに戻る

posted by monako at 02:16 |Comment(0)TrackBack(0)あずきの日記このブログの読者になる更新情報をチェックする

あんこが種からはみ出しそうな栗最中「喜最中」 横浜

kigetu1.jpg秋の代表的なお菓子素材は、なんといっても栗。この季節、栗のお菓子を出さない和菓子屋さんはありません。

栗の和菓子といえば、なんといっても「栗最中」でしょう。年中あるといえばあるのですが、新栗を使った美味しさはこの季節ならではのもの。

栗最中といえば、私的には、3種類に分類されます。
一つは白餡に栗餡を混ぜたもの。栗だけでは栗きんとんになってしまうので、白餡と混ぜてなめらかさを出します。
二つ目は、餡に細かく砕いた栗を混ぜたもの。この場合は、小豆粒あんが多いようです。相性がいいのでしょうね。
三つ目は、白餡・小豆餡とどちらもあるようですが、それで粒栗をくるんだもの。これが一番豪華。
kigetu3.jpg

今回ご紹介するのは、横浜・喜月堂の「喜最中・栗」。一粒栗を使った最中です。薄桃色の種(皮)の中に、白餡でくるんだ粒栗が鎮座しています。見れば、一粒どころか、三粒くらい入っているのではないかと思うほどのボリューム。どうやら、はみ出すほどの量の餡を挟むのが喜月堂の最中の特徴のようです。

kigetu4.JPG

説明書きによれば、喜月堂は明治33年に横浜本牧で開業とあります。初代は誰からも喜ばれる最中を創り出すことに没頭し、明治43年、ついに餡をはみ出すほどに盛り込んだ「喜最中」を生み出したのだそうです。一つの最中を創り出すのに10年。最中に賭けた人生とは、粋ですねえ。

姉妹品に、小豆餡だけの「喜最中」もあり、同様にボリューム満点。お土産にすれば、とても喜ばれるのではないでしょうか。

kigatu2.jpg私がこの最中を手に入れたのは、横浜・高島屋。小豆餡3個、栗餡2個の5個入り、1500円ほどでした。

他に扱っている百貨店もあるようですが、どれも横浜なので、どうやら、横浜以外では買うのは難しいようです。ただ、横浜・高島屋がネットで販売しています。扱っているのは、8個入りと10個入りだけのようですが。


ただし、栗最中は季節限定のようで、ネットにはありません。

喜月堂本店は、JR山手線根岸駅が最寄駅とか。本牧か中華街に遊びに行ったときにでも、寄ってみるのがいいかもしれませんね。

By あずき

▲トップページに戻る

posted by monako at 01:36 |Comment(0)TrackBack(0)おすすめもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

落葉のあでやかさを表現した「紅葉もなか」 滋賀県・大津市

 秋ですね。

 最中の世界にも、季節限定品というのがあります。今回紹介する叶匠壽庵の「紅葉もなか」は、まさに秋の季節の限定商品。

momiji3.jpg

 まず目につくのは、紅葉柄の包装紙。あでやかな着物をまとった女性のようにも見えます。でも、「替えたのは包装紙だけじゃないの、中の最中はいつもといっしょでしょう?」なんて疑っている人もいるでしょう。

momiji1.jpg それが違うんです。ちゃんと種にも紅葉の模様が浮き出ています。外も紅葉、中も紅葉なんですね。

 そのまた、中身はというと、これもなかなか豪華で、栗の入った小豆餡の真中に、お餅が入っています。かなりボリュームがあります。大きさの割には、食べ応え十分。

momiji2.jpg ただ、お餅に場所を取られ、肝心の餡の量が少ないような気がします。私的には、餡をメインにお願いしたいところ。

 ところで、叶匠壽庵のサイトを開いてみたのですが、この「紅葉もなか」、どこにも載っていないのです。季節限定商品のような短命なものは掲載しないのでしょうか。でも、季節限定品のページには栗関係の和菓子がちゃんと掲載されています。

 大手デパートで売っているくらいなので、ちゃんとサイトに載せてあげてくださいませ。

by あずき

叶匠壽庵

▲トップページに戻る

posted by monako at 00:55 |Comment(0)TrackBack(0)おすすめもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

懐かしい甘さ「たわら最中」 埼玉


 埼玉県幸手の権現堂堤に、有名な桜と菜の花を見にドライブ途中、国道4号日光街道沿いや、ちょっと道をはずれて「道の駅アグリパークゆめすぎと」のある広域農道を走っていると、突然、田圃の真ん中に大きな看板を発見します。それは「献上たわら最中」とだけ書かれた看板。
 いつも気になって気になってしかたがないのですが、その店がどこにあるのかよくわからなかったのです。

 それをつい先日見つけました。
どうやら本店は幸手から川を越えた茨城県猿島のあたりのようですが、埼玉県北東部、つまり東武伊勢崎線の沿線沿いにいくつも支店がある「柳屋正家」という和菓子店でした。
 

埼玉 たわら最中.jpg

 吉川市にある小さな支店を覗くと、店には大きな「献上銘菓」と書かれた謂われ書きが、掲げられています。
 明治神宮の大祭に献上銘菓として奉納した羊羹「雲龍」がその銘菓だそう。

店内には羊羹と最中、それに埼玉銘菓の五家宝や、近くの草加煎餅などが並べられていて、上生菓子や餅菓子は置いていません。

 羊羹がメインなのかなと思っていると、なぜかこのお店の名物は「最中」なのです。道ばたで発見した看板しかり、店の名の冠は「たわら最中」なんです。献上した羊羹よりも、人気が出たんでしょうね。

ころっと肉厚のまさに俵型の最中。皮は薄めで、いわゆる唇にはりつくタイプ。私はちょっと苦手です。
あんこはここまで詰め込むか!というくらいにたっぷり。「半殺し」の粒あんの量を増やしたくて、皮が薄くなった感じもします。
大きさのわりに重量感があるのは、このあんこのせいでしょう。
まるで、ぜんざいを食べているような甘みの強さが特徴です。

埼玉県北東部ではお使いものに定番の最中だと、お店のおじいちゃんの談。
昔ながらの田舎風最中という感じで、なんだかとても懐かしく感じる最中です。



1個146円

■柳屋正家
埼玉県 吉川市 平沼1丁目24-15
電話048-982-1228

■たわら最中柳屋正家
埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸2丁目1927
0480-35-2378

店の名は上記2つの表記があり、のれん分けなのか、親戚なのか、まったくの他人なのか、よくわかりません。


by monako


▲トップページに戻る

posted by monako at 22:34 |Comment(0)TrackBack(0)もなこのもなか旅草子このブログの読者になる更新情報をチェックする

鮎の形が珍しい「鮎の天ぷら最中」 東京・神楽坂

「梅花亭」は昭和58年創業のお菓子屋さん。老舗の揃う神楽坂では、新参者かもしれません。だからこそ、今までにない新しい意匠のお菓子を作ろうとしてるという意欲を感じます。その一つが、この「鮎の天ぷら最中」なのでしょう。

ayuten1.jpg


「鮎の天ぷら最中」は鮎の形をしているだけでも、結構、珍しいと思うのですが、さらに、それを菜種油と米油で揚げてあります。味でも、もう一工夫できないかと首をひねる職人さんの姿が浮かぶようですね。

中は小豆餡と白餡の2種類。包みの色で区別できます。ひとつ230円です。

ayuten2.jpg


細身の鮎を袋から出すと香ばしい香りが漂ってきます。種(皮)は油でしっとりしていますが、思ったほどしつこくはありません。でも、揚げているだけにボリュームは満点。

本店は神楽坂ですが、有楽町交通会館の中にもあります。北海道物産店や全国の特産品が揃う「むらからまちから館」などと並んでいます。

梅花という名のつく和菓子屋さんは全国にたくさんあるようです。サイトで検索すると、たくさん出てきます。和菓子の意匠として、いかに梅の花が愛されているかという証拠ですね。全国の梅花という名のつく和菓子屋さんがネットワークを作ったら面白いかもしれませんね。

By あずき

神楽坂梅花亭

▲トップページに戻る

posted by monako at 23:31 |Comment(0)TrackBack(0)東京もなか散策このブログの読者になる更新情報をチェックする

花見を目と舌で感じる「桜花」 東京・上野

最中ブログ用岡埜栄泉 浅草橋亀屋近江 006.jpg


お月見最中として紹介した「十三夜月」を作っている岡埜栄泉本家では、まるで香合のような形をした、美しい最中を作っています。それが「桜花」。
こんなにきれいな皮種、ほかに知りません。

パリッとして香ばしい皮に、貴重な丹波春日産の大納言小豆を使った贅沢な最中。大粒の大納言粒あんはコクがあり、ところどころに硬めの小豆が入っているのは、岡埜栄泉が得意とする大福の塩豆っぽくて、いかにも江戸の和菓子という感じです。
幻想の世界を紡いだ作家、泉鏡花はこの店の最中を愛したといいます。


閑話休題、東京には岡埜栄泉という名の和菓子屋が30軒ほどあるといいます。私の実家のある町にも隣町にもありましたから、もしかしたらもっとたくさんあるかもしれません。

「初祖」「総本家」などあるので、そのはじまりはすでに謎となってしまっています。今回紹介したお店は上野駅前ですが、すぐ近くの上野広小路にある岡埜栄泉(初祖岡埜栄泉総本舗)とは何の関わりもないんだそう。

どこかで暖簾を分けたはずですが、もうその系図を作ることは無理のようです。
ただ、どの店も「大福」が名物。東京人は大の大福好き。餅菓子が好きなんですよね。そして塩豆が入っていてちょっと塩気があるのが、どの店も同じ。
根底にある味の歴史だけはどの店にも受け継がれているんでしょうね。


岡埜栄泉本家 

最中をはじめ名物の和菓子は楽天で購入できます。
 http://www.rakuten.co.jp/okanoeisen/



by monako




▲トップページに戻る

posted by monako at 22:01 |Comment(0)TrackBack(0)おすすめもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

名月とともに味わいたい栗最中「十三夜月」 東京・上野

最中ブログ用岡埜栄泉 浅草橋亀屋近江 008.jpg

もうすぐ中秋の名月ですね。そろそろ栗が出始める季節。最中と組み合わせる素材で最も多いのが栗ではないでしょうか。
栗入り最中は、ちょっと贅沢な味わいです。

東京・上野に本店を持つ岡埜栄泉本家の栗最中が「十三夜月」。満月までもうちょっと、という少し欠けた月は、栗の形とちょっと似ているのかもしれませんね。

この「十三夜月」はひとつぶ栗入りのこしあん最中。栗入り最中というと一般的にはちょっと大きめですが、こちら小さめにころっとした栗の形、小さい分厚みがあります。手のひらにのせるとかわいいんです、これが。
餡は上品なこし餡で、皮までがぎっしり入っています。関東の人はつぶ餡好きですが、栗の風味と甘さを生かすには、この控えめなこし餡がちょうどよいように思います。
ひとつぶ栗の満足感も高く、その形と味わいは、改まったお茶席にも使いたいセンスと技を感じさせてくれます。パッケージもかわいいですよね。

月見に団子ならぬ最中も、たまにはおつではないでしょうか。

1個200円


岡埜栄泉本家

最中をはじめ名物の和菓子は楽天で購入できます。
 http://www.rakuten.co.jp/okanoeisen/


by monako


▲トップページに戻る

posted by monako at 21:17 |Comment(0)TrackBack(0)おすすめもなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

今がチャンス!創業100年の元祖小倉アイス最中 東京・湯島

みつばち・湯島 002.jpg

最中を冷やしてみたらおいしいに違いない。
そう考えたアイディアマンは、さらに小豆にアイスを加え、小倉アイス最中を完成した。

今ではスーパーや菓子店のアイスコーナーにもある小倉アイス最中。その元祖は東京の下町、湯島にある甘味店「みつばち」だ。

小倉アイスはあんことアイスクリームが渾然一体となり、豆の風味とバニラの香りが鼻腔をくすぐる。餡の甘さとアイスクリームのとろけるくちどけが重なって、コクがあるのに後味はさっぱり。
皮種はアイスクリームの水分に負けない固くてパリッとした食感がまたいい。

この小倉アイス最中を愛してやまなかったのが、私の大学時代の今は亡き恩師。
旧制一高から帝大へと進んだ戦前のエリート学者だったのだが、その恩師が若きバンカラ学生だった頃、みちばちでデートするのが夢だったという。
夢は夢のまま終わったようで、「男友達とよく通いましたよ」と笑っていた。

恩師の思い出の味わいたくて、若かった私はボーイフレンドとデートに「みちばち」へ。
古風な暖簾にガラガラっとあける引き戸。木の一枚板のテーブルに網代に編んだ四角い木の椅子。ちょっと薄暗くて、たぶん恩師の時代と大差ない佇まいを残していた。
小倉アイス最中の素朴な味わいがその雰囲気とよく合っていた。

みつばち・湯島 004.jpg

が、今年その店を訪れてみると、店内は和風ながらも、かなりリニューアル。
昔は割烹着を着た店員さんだったはずが、今ではメイド風のエプロンドレス姿。
以前は一種類しかなかった最中アイスが、10数種類にも増えて、一瞬、ここは「サーティワン??」と思ってしまうほど。

「みちばち」も変わったなあ〜、と感嘆しきりだったが、小倉アイス最中の味はあのときのまま。恩師から受け継がれてきた淡い恋心がよみがえってくる。


さて、この「みつばち」が今年2009年で創業100年を迎えた。
それを記念して、2009年9月7日〜11日と,9月14日〜18日の間、
 小倉アイスが 100円で提供される!

この機会にぜひ、100年受け継がれてきたアイディア最中を味わってみてはいかがだろう。


■みつばち
サイト http://www.mitsubachi-co.com/


by monako








▲トップページに戻る

posted by monako at 01:13 |Comment(0)TrackBack(0)変り種もなかこのブログの読者になる更新情報をチェックする

  1 2 >>

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。